人プロサイコー!

他人(自分も含めて)の人生をよりよくしたい=人生のプロデュースを出来る自分になりたいサラリーマンが考えたことを徒然なるままに書いていくブログです。

食料品を買うという毎日のことをもっと上手くできないか?

日々の食料品の買い物について考えた

毎日妻がスーパーなどで食料品の買い物をしていますが、そのお店のポイントカードにポイントを貯めるたり、クレジットカードのポイントを貯める以外にもっとお得な方法が無いか考えてみました。

そこで考えたのが株主優待を活用出来ないか?ということです。調べるとやっぱりありました。いろんな会社が買い物券、返金、割引など行っています。

また、もちろん気になるのはその投資の費用対効果です。ちょっと計算してみたいと思います。

大丸松坂屋でのシミュレーション

私はJ.フロントリテイリンググループ(大丸松坂屋とか)の近くに住んでいますので、それで計算を行ってみます。

株主優待をもらうには100株以上の購入が必要ですので、9/5現在1株1500円×100株で15万円ぐらいが初期投資としてかかります。

では、返ってくるお金はというと、まず配当予測が1株32円ですので、年間3200円になります。加えて、株主優待は生鮮食料品を含む10%割引(100株なら年間50万円まで)となっているので、50万円分フルに使ったとすると、5万円割引になるということです。

つまり15万円の投資ですが、年間で53200円が返ってくるので、3年持てば元が取れてしまいます。その後は例えば株価が0円になっても損はしないということです。

※株式購入時の手数料や配当にかかる税金など細かいものは無視しています。

※この株主優待カードと大丸松坂屋のクレジットカードは併用可能なので、大丸松坂屋のポイントも同時に貯まります。食料品は1%なので4500円。結構大きい。

※パルコにて2000円使ったら100円戻ってくる買い物券も40枚付いてくるので、フルに使えたら4000円戻ってきますね。

結論

ということで、私はJ.フロントリテイリンググループの株を購入することにしました。問題はこれに気付いたのが権利確定日である8月末だったことです。もう少し前に気付いてたら半年間無駄にしなくて良かったのに・・・。2月末までにタイミングを見て購入したいと思います。